不審なメールに関する注意喚起について

 一般財団法人日本サイバー犯罪対策センターより、インターネットバンキングマルウェア「Gozi」の機能を引き継いだ「DreamBot」への感染拡大を図る目的で、日本を標的としたウィルス付メールが大量に送信されていること、また、「DreamBot」の感染および当該ウィルスによる不正送金被害が発生しているとの情報が入りました。

「DreamBot」に感染したPCを使用していると、インターネットバンキングの契約者ID(利用者番号)、暗証番号等を搾取され、不正送金が行われてしまうおそれがあります。

 本件につきましては、日本サイバー犯罪対策センターのホームページでも案内されております。また、インターネットバンキングご利用のPCが当該ウィルスに感染していないか確認するための「感染チェックサイト」が掲載されていますので、ご確認ください。

一般社団法人日本サイバー犯罪対策センターホームページ
<注意喚起情報サイト>
https://www.jc3.or.jp/topics/dreambot.html
<感染チェックサイト>
https://www.jc3.or.jp/topics/dgcheck.html

 


新着情報
新着情報
  • 店舗ATM案内
  • 金利一覧
  • 手数料
  • 商品説明書
  • おすすめ情報
  • 投資信託基準価額
  • 借入試算